:::: MENU ::::

ガラスの飛び石 リペア施工2016/09/06

今回は飛び石によるガラス傷の修復について紹介したいとおもいます。

まず飛び石とは?
フロントガラスにて飛んできた石や砂利などによる蜘蛛の巣のようなガラス傷です。
10円玉におさまる程度の大きさなら修復可能と言われています。

こちらが、修復前の飛び石
IMG_20160901_114916

※見えやすいように内側に鏡をおいてます、傷は1箇所です

このようにガラスリペアの施工をほどこします。
IMG_20160901_115427

中にあるゴミや水分など、特殊な修理器具で吸引します。

傷の中を真空にした後、紫外線によって固まる樹液(レジン)を傷の先まで行き渡るように注入していきます。

※この作業は注入によって傷にかなりの圧迫を与えることになるので一番注意が必要です。
最悪の場合、傷のヒゲが伸びて完全に割れてしまいます。

傷の内部に樹液がまんべんなくいきわたったら、あとは樹液を紫外線で固めます

IMG_20160901_115905

そして、樹液が固まり表面を綺麗にしたら完了です

こちらが修復後です
IMG_20160901_120512

飛び石はほっとくと徐々に伸びていきます

リペアですむものが、お金のかかるガラス交換になってしまうのはもったいないですよね?

ガラスリペアを是非、活用してみてはいかがでしょうか。

お目通しありがとうございました!